おかげさまで50周年。アルミの引き抜きもアルミの加工もアルマイトも。 アルミパイプのことならおまかせください。

ウルトラハード

ウルトラハード

ウルトラハード

長年の技術の結晶が生み出した「ウルトラハード」はシュウ酸法をベースに開発した独自技術です。
特殊な電解液によって生成されたアルマイト皮膜は、硬質アルマイトよりさらに性能を高めることが出来ます。

硬度が高く、摺動性に優れる皮膜となっており、
輸送、精密機器部品など、お客様の幅広いニーズにお応えすることをお約束します。

特徴

特徴

1)Hv500程度を誇る超硬質皮膜(表1)
2)硬質アルマイトと比較し、クラックの発生を抑制する
   ①表面粗さが悪くなりづらい
   ②高い耐磨耗性を有する
    (ステンレスの約5倍を誇る耐摩耗性能(表1、表2))
   ③耐電圧性(=絶縁性)を持たせることが出来る
    (耐電圧は硬質アルマイトの2倍以上(表1))
3)耐食性の向上(表1) 
4)自然発色で金色に近い色に仕上がる
     (特に純アルミ系、5000系)

クラックが発生しづらい理由

有機系混酸を用い、電解液温度を常温とすることで、アルミとアルマイト(Al2O3)における熱膨張係数の違いから生じるクラックを抑えることができます。

比較データ

表1. 対硬質アルマイト(弊社比)
材質アルマイトの
種類
膜厚
(μm)
硬度
(Hv)
被摩耗量
(mg) ※1
耐食性
CASS (RN)
耐電性
AC(kV)
体積抵抗
(Ωcm)
99.99%Al ウルトラハード 52.9 502 0.0020 9.3-4 2.6~3.4 25.3×1010
硬質アルマイト 52.5 408 0.0037 8.0-3 0.6~0.84 20.4×1010
A5052 ウルトラハード 53.6 480 0.0033 9.8-2 2.1~3.3 7.65×1010
硬質アルマイト 52.8 420 0.0040 9.8-3 1.0~1.5 1.01×1010
A6063 ウルトラハード 51.0 480 0.0023 9.8-3 2.0~3.4 5.59×1010
硬質アルマイト 52.3 416 0.0042 9.0-2 1.4~1.7 1.72×1010

※1:平面摩耗試験により荷重400gで1500回までの被摩耗量を測定し、1回あたりの重量減を算出

表2.対ステンレス材比較データ(弊社比)
材質 被摩耗量(mg)
A5056(ウルトラハード処理) 0.010
SUS303(ステンレス材) 0.056

平面磨耗試験により加重2kg、1回の被磨耗量を測定

比較データ

用途例

特徴

1)空圧シリンダー
ウルトラハードの特徴を最大限に活かせる製品となります。
硬度が高く、耐摩耗性に優れることから、シリンダーの寿命を延ばすことができます。
また、表面粗さが悪くなりづらい処理のため、ピストンとの摺動抵抗を減らし、相手部品の寿命を延ばすことにも繋げられます。

2)ベアリングケース(リテーナー)
シリンダー同様、摺動品の寿命を延ばすことに貢献出来ます。
軽量化目的で鉄から切替を行われた際、強度不足を補うため、
ウルトラハードが採用されています。

3)基盤
高出力の電気装置向けに、放熱基盤としての用途があります。
アルミの熱伝導性・放熱性、ウルトラハードの絶縁性を活かし、
プリント基板、LED用基盤、自動車電装基盤として、高出力の特殊用途基盤として用いることが出来ます。

FAQ(抜粋)

  →FAQ一覧ページを見る

Q.どんなアルマイト処理が対応可能ですか?

A.・普通アルマイト
・硬質アルマイト
・ウルトラハード
・部分硬質アルマイト
・超精密アルマイト
・特殊コーティング
等のアルマイト処理が可能です。
詳細については「アルマイト(表面処理)」に詳しくございます。

Q.材料から依頼しないとアルマイトは対応出来ませんか?

A.アルマイト単体での仕事もお請け致します。
アルマイトをする材料はご支給でも、当社にて手配(板材等)でも構いません。
また材料支給で、機械加工とアルマイトを同時にお請けする事も可能です。