おかげさまで50周年。アルミの引き抜きもアルミの加工もアルマイトも。 アルミパイプのことならおまかせください。

TOP > 生産技術から探す > アルマイト(表面処理) > 超精密アルマイト

超精密アルマイト

ADC12における超精密アルマイト

ウルトラハード

従来、ダイカスト用アルミニウム合金ADC12へのアルマイト処理は、成分中のSiの影響を受けることにより均一なアルマイト皮膜を生成することは困難でした。

当社では、専用ラインを導入し、特殊なアルマイト処理液・条件を開発することで、均一なアルマイト皮膜を生成することを可能にしました。

従来の処理方法におけるアルマイト皮膜の状態

従来の処理
アルマイト皮膜10μm狙いで処理を行いましたが、写真より、アルマイト皮膜の膜厚がばらついていることがわかります(3~25μm)。
デメリットとして、公差の要求が厳しい場合の寸法ばらつき、耐食性の不安定性などがあげられます。


当社ADC12専用処理設備で処理したアルマイト皮膜の状態

精密アルマイト皮膜 

同じくアルマイト皮膜10μm狙いで処理を行っております。
アルマイト皮膜の膜厚は非常に安定しています(9~11μm)。

当社 超精密アルマイトの特徴としまして、
 ①材料の前処理(熱処理、酸処理等)がいらない
 ②耐食性は安定している
 ③厚膜の状態でも皮膜の厚さは安定している (例、20μmのとき±2μm)
となっております。

FAQ(抜粋)

  →FAQ一覧ページを見る

Q.どんなアルマイト処理が対応可能ですか?

A.・普通アルマイト
・硬質アルマイト
・ウルトラハード
・部分硬質アルマイト
・超精密アルマイト
・特殊コーティング
等のアルマイト処理が可能です。
詳細については「アルマイト(表面処理)」に詳しくございます。

Q.材料から依頼しないとアルマイトは対応出来ませんか?

A.アルマイト単体での仕事もお請け致します。
アルマイトをする材料はご支給でも、当社にて手配(板材等)でも構いません。
また材料支給で、機械加工とアルマイトを同時にお請けする事も可能です。